スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/30 えみつん朗読会レポ!

2014年11月30日『第二回声優による子供たちのための朗読会 新田恵海さん朗読会』……!
ご招待いただきまして行って参りましたぞ!

滋賀県、安土にあります旧伊庭家住宅で、30人ほどの18歳以下の子供たちと、同行の保護者さんで和やかな雰囲気の中行われました。

それにしても初滋賀県!
いつも新幹線で通り過ぎる米原で下車。安土駅までのどかな田園地帯を揺られます。
1417438707130.jpg

のどかだ!

安土駅では信長様がお出迎えしてくれるぞ!
1417438734576.jpg

会場になった旧伊庭家住宅は『中二病でも恋がしたい!』にもモデルとして使われたことでこちら側にも有名な建築ですね。
建築家ヴォーリズの初期の設計で、和洋折衷の情緒漂う味わい深い建物!
1417438772713.jpg

1417438664592.jpg

1417438638579.jpg

ここでえみつんが朗読会? 
いつもイベントって言ったら店舗のフロアや雑居ビル、ホールだもんね。
どんな催しになるのか想像もつきません。

さてさて、そもそも今回なぜチルがお招きいただいたかと言いますと、そう、リーフレットにえみつんを描かせていただいたからなのです!

新田恵海さん朗読会

これな!



つまりこの日、それがえみつんの手元に渡るのだよ!!!!!

緊張で失禁寸前だよ!!!!!

そわそわそわそわしてたら、スタッフさんに笑われましたw

そうこうしていたら、朗読会に当選した子供たちが着席。
普段のアニメイベントのような雰囲気は全くなくて、静かに、それでいて若い子たちの期待感が伝わってくる感じが印象的!
チルは最後尾の席に座らせていただきましたが、広さが八畳間くらいの部屋なので、これ、えみつんが入場したらそれこそすぐ目の前!
最前列の子なんて50cm先にえみつんがいる感じ!!
こんな近くでえみつんを見られるなんて!!!

時間になり、司会の方のアナウンスでえみつん入場!

えみつん、実際に近くで見るとちゃっちゃくて可憐だ!! 好き!!

会場は子供たちが多いので、拍手で迎えるという習慣はまだないみたいなので、最後尾から拍手すると、みんなも釣られて拍手。初々しい!

そして静かにえみつんの朗読が始まりました。
演目は滋賀の民話から『ぼうさんを助けた船頭』『お吉(よし)キツネ』。
えみつんの故郷、長野の民話『姥捨山』の三編。

震えた。

一言目が発声された瞬間に部屋の空気は一変。声優さんの音圧と、情緒豊かに読み上げられる物語に子供たちも俺も一気に引き込まれる。

滋賀の方言も織り交ぜられて、普段アニメやキャラでも聞いたことのない、えみつんの演じる大人の男、大人の女、老婆、あらゆる役を情感たっぷりに語るように演じる。
ただの芝居ではなく、語りの芝居。演技と語りが渾然一体になった物語の先へ先へと導くえみつんの朗読。

感動したなあ。

目の前にえみつんがいるんだから目に焼き付けたいのに、目を閉じてしまいたい衝動に駆られる。
耳だけに、声だけを味わい尽くしたい。
そんな気持ちでした。

目の前にいるのはその瞬間、穂乃果でも、歌手でもなく、新田恵海さんというお話のお姉さんでした。


朗読は20分くらいで終わり、その後は質疑応答や、えみつんのトークタイム。

司会の方が『えみつん』のイントネーションを『ポケモン』ではなく『ジバニャン』的に呼ばれていたのがちょっとクスっとしましたw

トークはおなじみ恐竜のことから地元長野県のことに。
えみつんいわく「長野は日本のモンゴル」w
恐竜はファンシーなものよりガチ恐竜! と力説!

体調管理の話を聞かれて、地方イベントでいろんなところを回ると、おいしい地酒がたくさんあって、でも体調管理や次の仕事のことを考えたら一仕事終えて一杯ともいかなくて、せっかく買っても味わうことができなくてさみしいとのこと。
プロ意識すごいなあ。俺なんて飲んじゃうもん(比べるな)
お酒はお父さんに差し上げるそうですw

声優という仕事について、日々感謝しているとおっしゃっていました。
つながると思ってなかったことが数年後につながったり、出会いが出会いを呼んで仕事につながる。
普通に生活していたら体験できない出合いと経験をさせていただいていると、どこまでも謙虚な言葉。
こういう姿勢がえみつんが好かれる一端だなあとしみじみ。

今後の野望は、作詞作曲弾き語りで歌いたいとのこと。
きっと近い未来に実現すると思う!!
だって俺たちが聞きたいもん!!

大学時代のソングライター経験、HIPHOPもやってたことや、童謡で育ったこと、響ラジオの『えみゅーじっく♪まじっく☆』のことも熱く音楽に対する想いを伝えてくれるえみつん。
子供たち、つんらじを聴くんだw

そして、とても印象深かったのは、アニメファンだけじゃなくて(もちろんアニメファンにも)子供たちやお年寄りにも聴いてもらえる曲や演技をしたいと想いを聞かせてくれたこと。
この朗読会を選んだことも、えみつんの人柄もよく分かってとても心温まる。

最後も、直接お話を届けられてよかったと感謝を伝えられていました。

ああ、だから俺たちはえみつんが好きなんだ。

こういう方だから好きなんだ。


一時間ほどの回でしたが、ちょっと退屈そうな子に「ごめんねー。つかれちゃうよねー」って優しく語りかける姿に母性を感じました。保母さんえみつん……!

子供たちも見る『カードファイト!!ヴァンガードG』の仕事をできてうれしいとも語っていたし、ホント子供たちのことたくさん考えている姿が印象的でした。

この日のことは忘れられないだろうなあ。



そして、

ご挨拶をさせていただく機会をいただきまして、

初めてえみつんと、言葉を交わしたよ!!!

リーフレットのお礼を「かわいく描いていただいてありがとうございます!」っておっしゃられて、もうこちらこそ! こちらこそだし!!

お話したら想いのたけをお伝えせねば、とシミュレーションはしていたものの、ありふれたことしか言えなかったw

だって、目の前にえみつんがいるんだモン!!

好きなんだモン!!

えみつんがトークで言っていた、めぐりめぐっての出会いってのを実感するよね。

まだラブライブ!アニメ前、2年前の電撃20年祭のμ'sのライブを見て感激して、電撃G'sマガジンで連載を持って、ラブライブ!の仕事もさせていただいて、そしていろんなご縁と巡り合わせで、えみつんを描いて、えみつんが目の前にいる!

まさに『想像を超えた世界』だよね。

そして、ひそかな野望だった、単行本をお渡しすることが叶いました!
お忙しいと思うけれど、いつかえみつんに読んでもらえる可能性が生まれたよ!!

あ、同人誌は渡さないよw

名古屋ゲマでのデビューシングルのリリースイベントでえみつんに質問が読まれたこととか、お話したら思い出していただけたようで、ホント幸せ!


その後、30分ほどスタッフの皆さんとジュースで軽く打ち上げをして、その時もスタッフ全員にえみつんは気を配っていて、人柄だなあって、心配りがホントに行き届いているなあって改めて思いました。
えみつん自身がお菓子をみんなに渡していて、俺、えみつんにモナカを渡していただいたのを一生忘れない!

マネージャーさんと少しお話させていただいたのだけど、「最近はたくさんのお仕事をさせていただいていますが、ファンの皆さんも全部無理に追いかけるのは大変なので、どれかひとつでも出会いの場になればいいなと思っています」とおっしゃられていました。

出会いを大切にするえみつんと出会えた。

この日のことはきっと未来の俺の糧になる。そう強く感じた一日でした。

そしてまたえみつんのことを大好きになったよ!

えみつんと朗読会に関わったすべての皆様、ありがとうございました!

興奮のままに書き連ねたから、読み辛くてごめんよw
スポンサーサイト

comment

Secret

CALENDAR
PROFILE

風華チルヲ

  • Author:風華チルヲ
  • マンガ家風華チルヲの日々をやるせなく綴ったり、告知をしたりします。
    写真は10年以上前のものですw
DOUJIN


LINK
SEARCH
ACCESS COUNTER
ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACKS
MONTHLY
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。