スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁明です(汗)

誕生日をお祝いしてもらって、素敵なプレゼントもいただいて、とてもウキウキしていたのでそれを日記に書こうかしらと思っていたんですが今月のキャラットを読んで…

なんかちょっと思いの外、みんな!違うんだよ!

で、今月のキャラットなんですが…
誤解されるといかんので、こう、解説というか、作者自ら弁明というか、超かっこ悪いですが(汗)
今月のキャラットで「一線を越えた」、とかそういう受け取りがあったのをネットで見てこれはいかんと思ったわけです。

あのね、京子も慎之介も、竜ちゃんも姉ちゃんも、あの先何にもないからね!

いや、本当!

尻を叩くばかりが愛情表現じゃない。
尻をなでることだって愛情表現なんだ。
その叩かれたいというのを受け入れることも、なでたいというコトを受け入れることも、ひっくるめて互いを思い遣る形を「尻」をメタファーに展開したつもりだったのであります。
なんだか日本語でおkな文章ですねw

暁子姉ちゃんは、尻を叩くという反対側の行為として京子に見せるために、竜ちゃんの尻を姉プレイにかこつけてわざと撫でてみたわけなんですね。
今まで姉プレイの中に尻をなでるなんてねちっこいことなかったでしょ?
もっと豪快なことばかりで。

そして嫌がりながらも竜ちゃんはそれを断らないというのも見せたかったわけなのです。
それが、「姉だから大丈夫」、というセリフに繋がるんです。互いに思い遣ってるんだから自信持てよー、という姉なりの背中押し。

だからあの道で抱きしめたあと、家に帰って京子はひたすら慎之介の尻をなでまわすだけですからねw
抱きしめるというのは、感極まったからですヨ。
性的な意味はこれっぽっちもありません。そういうシーンでちゃんと落とさなかったチルのせいですが(汗)

今までギャグで通してきたし、普通に大丈夫かなあ~と思ってしまいました。

もちろん最後の竜ちゃんと暁子姉ちゃんも、174ページの4コマ目がエンドレスループなだけですからね~!

ああ、でも担当にまで「キャラット的にも精一杯」と書かれているわ…。
と言うコトは担当にすらチルの意思は正確には伝わっていなかったということか(汗)あの一文の意味が最初まったく分からなかったんですヨ。

本気でそういう反応が全てではないにしろ、少しでもあったときにはビックリしました。
もしかしたらこの話は次巻収録には手を入れないといけないかもしれないですね。
ガチでインセストなことを描きたいわけじゃなくて、過剰な家族愛を描きたいだけです。
そこに性的な余地なんて最初から最後までないし、必要とすらしないんです。
今後も絶対そういうことは描くつもりはないですヨ。

もっと自重して次回から執筆したいと思います。

追記
でも、作者があとでなんだかんだ言っても、受け取られた全てが読者にとっての真実。
作者は思い通りに受け取ってもらうための努力を精一杯払わなければいけないなあと改めて思った。
作家が読者の理解に依存してはいけないよね。

稚拙な演出に失敗して、こんなことを後から言うのは本当最悪…。
でもそういうことを奨励してるみたいに思われるのはなんとしてでも否定しておかないと。

カッコ悪いわ。
スポンサーサイト

comment

Secret

CALENDAR
PROFILE

風華チルヲ

  • Author:風華チルヲ
  • マンガ家風華チルヲの日々をやるせなく綴ったり、告知をしたりします。
    写真は10年以上前のものですw
DOUJIN


LINK
SEARCH
ACCESS COUNTER
ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACKS
MONTHLY
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。